花粉症対策

花粉症とは
~原因・症状と対策~

花粉症の原因となる植物

花粉症は、スギなどの植物の花粉で起こるアレルギー疾患です。くしゃみ、鼻みず、鼻づまりといった鼻の症状や、目のかゆみ、充血といった目の症状などを引き起こします。原因植物は多岐にわたりますが、トップはスギで、花粉症全体の約7割を占めると推察されています。このため、多くの人はスギ花粉の飛散量が多い2月から5月にかけて、つらい症状に悩まされます。また、この時期は、近年増加傾向にあるヒノキ花粉にも注意が必要です。

「花粉症の原因」を探してチェックしてみよう

屋外の主な原因

木
【木】木々から飛散する花粉はアレルギー性鼻炎の原因となります。(主な例 スギ、ヒノキ、シラカバ、ハンノキ)
イネ
【イネ】イネから飛散する花粉は、アレルギー性鼻炎の原因となります。(主な例 イネ)
その他草
【その他草】草から飛散する花粉は、アレルギー性鼻炎の原因となります。(主な例 ブタクサ、ヨモギ、カナムグラ)

花粉症は一年中注意が必要

日本では、スギやヒノキの花粉症に悩まされている方が多いため、「花粉症といえば春」と思われているかもしれません。でも実は秋にも原因となる花粉は飛んでいます。秋の花粉症の主な原因は、空き地などに繁殖する雑草で、キク科のブタクサやヨモギ、アサ科のカナムグラ、イネ科のカモガヤが代表的なもの。これらの草が開花期を迎える9~11月に花粉が飛散し、花粉症を引き起こします。花粉症は1年中注意が必要です。

花粉症の症状

花粉症は、何度も連続して出るくしゃみ、さらっとして水のように透明な鼻みず、鼻づまり、目のかゆみなどが主な症状です。発熱やのどの痛み、咳などのカゼのような症状はありません。

※カゼはさまざまな症状の集まりであり病名ではありません。正式には「カゼ症候群」又は「急性上気道感染症」といい、原因のほとんどはウイルスです。

花粉症の症状のイメージ図 花粉症の症状のイメージ図

花粉症の症状が出やすい日

晴れていて風の強い日、雨天後の晴れた日、乾燥した日、気温が高い日などは花粉が飛散しやすいため、特に注意が必要です。外出の際はメガネやマスクを着用するなど、しっかりと花粉症対策をとってから出かけるようにしましょう。

img_アレルギー性鼻炎の症状が起きやすい日のイメージ図 img_アレルギー性鼻炎の症状が起きやすい日のイメージ図

日常生活での花粉症対策

花粉症の原因となる花粉は空気中に含まれているため、花粉症の症状を予防し、悪化を防ぐには、日常生活で花粉をできるだけ避けることが大切です。

花粉症の「対策」のポイントを探して
チェックしてみよう!

屋外の主な原因

対策をチェック
【場所】外出時【ケア術】メガネ・マスク着用、ツルツルした上着/メガネやマスクで直接花粉がからだに入るのを防ぐことが大事です。上着にはツルツルした素材を選ぶと、繊維に花粉がからむのを防げます。
対策をチェック
【場所】玄関【ケア術】花粉を払う/家に入る前に、上着などについた花粉をよく払っておきましょう。ツルツルした素材の上着がおすすめです。
対策をチェック
【場所】洗濯干場【ケア術】室内干しに変える/花粉が飛散する時期は外干しを控えて室内干しにするなど、花粉を家に持ち込まない工夫をしましょう。
対策をチェック
【場所】室内【ケア術】しっかり掃除/カーペットについたダニやハウスダストは、まめに掃除。しばらく期間が空くと鼻炎がひどくなることも。天日に干すのもよいでしょう。
対策をチェック
【場所】テレビ・新聞【ケア術】花粉情報チェック/テレビや新聞の花粉情報をチェックして役立てましょう。

[監修]公益財団法人佐々木研究所附属 杏雲堂病院 薬剤科 科長 大谷 道輝 先生

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎は、「季節性アレルギー性鼻炎」と「通年性アレルギー性鼻炎」の2つに分類され、このうち季節性アレルギー性鼻炎のほとんどが、花粉が原因のいわゆる「花粉症」です。一方の通年性アレルギー性鼻炎は、その多くが、ダニなどのハウスダストによるアレルギーで、原因は家の中やオフィスなど、屋内にもあるのです。 アレグラFXは、花粉だけでなく、ダニ・ハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎の症状にも効果があります。

「アレルギー性鼻炎の原因」を探して
チェックしてみよう

屋内の主な原因

クローゼット
【クローゼット】外出時に上着についた花粉をそのままにしておくと、家の中に原因を持ち込むことに。(主な例 花粉)
カーテン
【カーテン】外から来た花粉や、ハウスダストが付着していることも。(主な例 花粉、ハウスダスト)
ベッド・布団
【ベッド・布団】寝具にはダニが発生したり、外に干した布団には花粉が付着することも。(主な例 ダニ、花粉)
ペット
【ペット】大切なペットも、その毛には要注意!(主な例 猫や犬の毛など)
カーペット
【カーペット】カーペットはダニやハウスダストの宝庫。気をつけましょう。(主な例 ダニ、ハウスダスト)

アレルギー性鼻炎の患者さんは、花粉やハウスダストなどがからだの中に入ってくると、肥満細胞という細胞からヒスタミンが放出されます。 このヒスタミンが、鼻の粘膜にある神経や毛細血管を刺激し、くしゃみ、鼻みずなどの症状を引き起こすのです。

ヒスタミン 鼻の粘膜を刺激しに行く

花粉症対策

  • NEW花粉症とは~原因・症状と対策~
  • 花粉症簡単チェック
  • 春のスギ・ヒノキ花粉症に対する鼻炎対策

知っておきたい
花粉&アレルギー性鼻炎と薬のこと

  • 花粉情報2021
  • 花粉症対策
topics
topics
アレグラFXアレグラFX