アレグラFXジュニアとは

脳に入りにくいため眠くなりにくい脳に入りにくいため眠くなりにくい

抗ヒスタミン薬が脳へ入ると、眠くなることがあります。
アレグラFXジュニアは、鼻では効いて脳には入りにくい抗ヒスタミン薬なので、アレルギー症状をしっかり抑えるのに、眠くなりにくいお薬です。

脳に入りにくい薬のイメージ

鼻では効いて脳には入りにくいお薬

気づきにくい能力ダウンを
起こしにくい

抗ヒスタミン薬の服用に際して、特に気を付けたいのは、眠気のような自覚症状がなく、知らず知らずのうちに集中力や判断力、作業能率が低下する、「気づきにくい能力ダウン(インペアード・パフォーマンス)」です。これは眠気とは違い、本人だけでなく周囲も気づきにくいため、注意が必要です。アレグラFXジュニアは、脳に入りにくいため、勉強やスポーツのパフォーマンスをさまたげにくいのです。

スポーツ、勉強のイメージ

子どもの学習にも影響!?

家庭に花粉症の子どもがいると回答した保護者は約4割。
その過半数が、子どもの花粉症が学習に影響する
感じています。

花粉症が子どもの学習に影響すると感じる割合

Q.

お子さまが花粉症の時期、
お子さまの学習への
影響はありますか?

円グラフ

[アンケート期間]
2011/11/02
[アンケート対象]
出典元サイトメンバー
[回答者数]
子どもの花粉症に関するアンケート
全体回答者数2,632人のうち約4割

円グラフ

花粉症が学習に影響する
と感じる理由

鼻がつまると頭がボーッとして勉強が手につかない。鼻水を止める薬を飲むと眠くなって集中できない。うちの子は、この悪循環から抜け出せません。

目や鼻をかゆがって、勉強に集中できません。原因は花粉症だとはっきりしているのに耳鼻科に行きたがらず、困っています。

など

出典:ベネッセ 教育情報サイト
https://benesse.jp/kyouiku/201203/20120315-1.html

学習の集中力を低下させないためには、
鼻炎症状をしっかり抑え、
眠くなりにくい薬の服用がおすすめです。

秋から冬にかけては受験勉強が本格化する季節であり、花粉が大量に飛散する春先は受験シーズンとも重なります。学習の「集中力」を低下させないためには、鼻炎症状をしっかり抑え、眠くなりにくい(抗ヒスタミン成分が脳内へ移行しにくい)薬の服用がおすすめです。

受験勉強のイメージ

3つの特徴

  • 01 医療用と同じ成分・同じ量 01 医療用と同じ成分・同じ量
  • 02 小中学生(7~14才)のアレルギー性鼻炎にしっかり効く02 小中学生(7~14才)のアレルギー性鼻炎にしっかり効く
  • 03 脳に入りにくいため眠くなりにくい03 脳に入りにくいため眠くなりにくい
  • 口が渇きにくい口が渇きにくい空腹時にも飲める空腹時にも飲める