プレゼント

残念
「夏から秋にかけて増えてくる花粉の原因となる草木は、
道端、公園、河川敷などの身近な場所に
生息しているブタクサである」
正しい情報です。

スギ・ヒノキ花粉が落ち着いた頃、夏から秋にかけて増えてくるのがブタクサ花粉。ブタクサは繁殖力が非常に強く、野原や河川敷、家の庭やアスファルトの隙間など、いたるところに生育しています。スギやヒノキに比べて、背丈が低く、花粉の飛散距離はせいぜい数十~数百メートルです。通常あまり広範囲に飛散しないため、ブタクサ花粉症かも?と思ったら、近づかない事が一番の対策です。

もう一度チャレンジ!

Page Top