アレグラFXとは

薬を飲むと集中力が
低下するのはなぜ?

それ、
インペアード・パフォーマンス
(インパフォ)かも

お薬を飲むことで起こる眠気とは別の能力ダウン

インパフォは、鼻炎薬やカゼ薬などを飲んだ時に起こることがあります。眠気は自覚できますが、インパフォは“自分では気付かないことが多い”ので、「気付きにくい能力ダウン」とも呼ばれます。仕事、運転、勉強、家事など、いろいろな時に起こる可能性があるため、気をつけなければいけません。眠くならないからといって、大丈夫だとは思わないようにしましょう。

img_インペアード・パフォーマンス(インパフォ)のイメージ図 img_インペアード・パフォーマンス(インパフォ)のイメージ図

なぜインパフォは起こるの?

抗ヒスタミン薬は、体内でアレルギー症状を引き起こすヒスタミンという物質の働きを抑えます。ヒスタミンは、鼻ではアレルギーを引き起こしますが、脳では 日中眠くならないようにするだけでなく、学習能力を高めるなどの大切な働きをしています。したがって、抗ヒスタミン薬が脳にたくさん入ってしまうと、脳でのヒスタミンの働きが邪魔され、知らず知らずのうちに集中力・判断力・作業能率の低下を起こすことがあるのです。

ヒスタミン 鼻炎を起こす 脳を活発に

脳に入りにくいお薬
それがアレグラFX

インパフォは、お薬の成分が鼻だけでなく脳にも入ってしまうことが原因なので、脳に入りにくいお薬を選ぶことが大切です。アレグラFXは、鼻では効きますが、脳には入りにくいので、鼻みずなどの症状はしっかり抑えつつ、脳の活動を邪魔することの少ないアレルギー専用鼻炎薬です。

鼻では効いて脳には入りにくいお薬 鼻では効いて脳には入りにくいお薬

[監修]公益財団法人佐々木研究所附属 杏雲堂病院 薬剤科 科長 大谷 道輝 先生

5つの強み

よくあるお問い合わせ

「いつ飲めばいいの?」
「私は飲めるかな?」
お客様からの、よくある質問にお答えします。

質問をみる

インパフォとは?(インペアード・パフォーマンス)

鼻炎薬を飲むと、気づかないうちに脳の活動が鈍くなってしまうインペアード・パフォーマンス(インパフォ)について、専門家の谷内先生が解説します。

薬を飲むと集中力が低下するのはなぜ?

しっかり効いて眠くならないのはなぜ?

アレグラFXは「しっかり効く」だのにっ!「眠くなりにくい」 アレルギー専用鼻炎薬。アレルギー性鼻炎の発症メカニズムとアレグラFXの働きについてご紹介します。

しっかり効いて眠くならないのはなぜ?

アレグラFXのヒミツ

Page Top